月別アーカイブ: 2016年3月

浮気は不思議なもので、なぜかまた繰り返してしまうというケースもまま

浮気は不思議なもので、なぜかまた繰り返してしまうというケースもままあります。浮気現場を押さえられて、一応反省はするものの、裏では不倫相手と会うチャンスを狙っている怖れは充分あります。思い当たるフシがあれば、探偵を頼むなどして、相手の不貞行為が明らかになるような証拠を見つけて、お灸をすえてやりましょう。どの探偵社に依頼したら良いか取っ掛かりが掴めない人は多いと思います。
調査相手には行動範囲がある理由ですから、対象地域に営業所があるかどうかインターネットで調べてみれば一目瞭然です。
そこそこ絞り込みができたら、相談専用電話があればそこに、沿うでなければ代表か営業所に電話をかけ、調査してほしいことを伝えてみると良いでしょう。
とにかく話を聞いてみなければ、安心して任せられる業者かも判断しようもないです。電話から最初の一歩を踏み出しましょう。大切な家庭に不倫という影を感じるようになったら、すぐに探偵業者に依頼しないで、まずは無料で相談してみるというのもありではないかと思います。
家庭内でのゴタゴタで気持ちの安定を欠いているときに、見知らぬところに浮気調査を依頼するのは、不安になるなというほうが無理でしょう。リスク軽減のために、とりあえず無料で相談し、信頼しても良さ沿うだと思ったら依頼するのです。
近頃はスマホを情報源として浮気が明るみに出立という事例が多くみられます。
パソコンのメールや携帯電話の着歴に替り、現在はスマホのラインなどのSNSやメールに浮気の証拠が残っていると考えられます。いつも手基においていたり、ロックして見せてくれない時は、十中八九、浮気の証拠がそこにあると考えてミスないでしょう。探偵の調査能力というのは、企業規模も確実に影響してきます。
フランチャイズで幅広いエリアをカバーしている会社は、新しい機材の検証や、それによる調査方法の見直しなどに取り組んでいて、時世に沿った体制づくりを模索しています。
大手業者はしごとの品質を維持向上指せるため、調査員はもちろん内勤の相談員などの教育にも積極的で必然的にしごとの品質にも反映されているように思えます。
世間では男の浮気に泣く女性というイメージが強いですが、女性だって浮気するじゃありませんか。女性だっておこちゃまの送り迎えやスポーツジム、パート先など、出掛けるシーンは数多く存在し、既婚の方がそれ以上発展しないから安心という超越した意見もある位で、人妻だからといって浮気しない理由ではないためす。最近は、妻の不倫というのが右肩上がりに増えていますし、男性が興信所に浮気調査を依頼するケースが珍しくもなくなってきました。
先日、法事のときに従兄と話していたんですけど、ここ半年ほど奥さんが男と密会しているのがわかったので、男の方を相手どって裁判を起こしたいと言っているのです。でも沿うなったら裁判費用が要ると聞いたことがあります。
浮気の歴然とした証拠というのを見せてやって、浮気の慰謝料を要求した上、一切のコンタクトを今後は禁止する(ペナルティも考える)なんてどうかと言っておきました。相手の不貞行為が判明した場合は、冷静さを失わずにいることはできないでしょう。
徐々に落ち着きを取り戻してきたら、その許しがたい行ないへの対策を立てましょう。
だいたい不倫行為は、やってしまった人間が「有責」なのです。メンタル的には割り切れないものがあるでしょうが、いままでどれだけ苦しんだか、その対価としての慰謝料は、しっかり支払って貰うべきです。
探偵は調査が終わると調査報告書を製作しますが、掲載事項はだいだい同じでも形式が定められている理由ではありません。とはいえ、離婚調停や裁判所の審判が必要なときに使う際は、証拠として採用されるには、信頼できるデータに基づいた調査報告書であることが大前提となります。
そこまで考えていない人でも、これからどうするかを想像して、探偵社を選ぶようにするのをおすすめします。
探偵業務はオーダーメイド的な要素も強いせいか、星の数ほどもある業者の中には、大層な費用を請求してくる会社もあるようです。高額請求の背景にハイクオリティなしごとがあるのかと聞かれれば、実のところ非常に微妙です。
高いお金を払って、浮気の証拠はありませんでし立という結末にならないためには、あらかじめ標準的な費用についておさらいしておくべきですね。
自分と調査相手の情報を伝えなければ、探偵に不倫調査をして貰うことは正直ムリですので、誠実な会社に頼むべきです。
コストダウンを追求して依頼したのは良いけれど、パートやバイトが調査をするような業者だったら、バイト気分とバイトレベルの調査能力のせいで意図しないトラブルになる危険性もあります。
そんな状態を避けるために、契約する前にインターネットの評判などを調べてみて、変な業者はふるい落としておくことが大切です。
不倫の調査を頼みたいけれど、離婚の準備をしているみたいで気が滅入る。
意外とそんな人は多いです。しかしそこまで重たく感じる必要は実際のところ、ないと思います。
不倫をやめ指せる、慰謝料を請求する、離婚する。いずれにしても、浮気の証拠があれば何にしても絶対的に有利というものです。興味がなかったり直視する気がなければ、それはそれでいいのかも知れませんが、白黒つけたいとかんがえるなら、その道のプロ(探偵)に相談することを推奨します。
浮気を証明する写真といったらやはり、浮気相手と供にホテルに入る場面でしょう。自力で写真を撮れないことはないでしょうが、繁華街のように明暗の差があるところでは、画像が不明りょうになることが多いです。ちゃんとした証拠として使えるような写真を入手したいのだったら、その道のプロである探偵に依頼するほうが確実ではないかと思います。
近年SNSの利用者が急増しているせいか、便利に使いすぎて浮気がばれてしまったことが増えているのも、当然かも知れませんね。
常にスマホを気にしたり、SNSをたびたび更新するようになったら、すでに連絡先を交換済みの相手とコンタクトを取っていると考えていいでしょう。
SNSに対する不審な行動があるかどうかは不倫をしているかどうかの判断材料にもなるでしょう。パートナーに浮気され裏切られた人の相談に乗る専門のカウンセラーがいます。専門家の手を借りて不安やマイナスの感情を取り去りながら、いままでのダメージからたち直っていくことができるでしょう。不倫という許しがたい理由で別れたアトも人間不信を引きずってしまい、建設的な考え方ができなくて悩んでいることも多いようです。
それに、夫婦でもう一度やり直したいと考えている場合も、カウンセラーと話すことで情緒面を落ち着けることができます。会社にもよりますが、探偵業者の不倫調査は、成功報酬プランを設定しているところもあります。こうきくと、不倫の裏付けがとれなければタダで済んでラッキーと思うでしょうが、不倫そのものがないのではと思われるときや、長期間にわたる調査が必要な場合はお断りというパターンもあるようです。
それに、浮気の裏付けがとれ立ときに思ってもみなかった額を請求されるケースもあるので、利用者の方で気をつけておかなければいけません。探偵にパートナーの浮気調査依頼した際、向こうが気付くのではないかと不安になるかも知れません。
ただ、調査員の技能や使用している機材等を考慮すると、察知されることは極めて少ないといっていいでしょう。
また、これは大切なことなのですが、浮気調査を依頼したアト、クライアントの挙動がいつもと変わった結果、向こうが不審に思って用心した結果、調査がしにくくなるということならあります。
探偵の報告書をうけ取るまでは、あくまでも自然に行動するように気をつけましょう。何となく不倫の気配を感じたら、一人で悩むより、早めに証拠を入手すべきです。最も確実な浮気の証拠は、写真でしょう。
誰が見たって浮気だとわかるものが良いのです。
自分やしり合いを使って浮気現場をとらえたり、慰謝料の請求や裁判を有利に進めるために必要な証拠を得るのは困難でしょうから、探偵を雇うなどのプロのワザも考える価値があるのではないでしょうか。だいたい察しがつくかも知れませんが、不倫関係を解消した理由としてもっとも多いのは、浮気が発覚したからだ沿うです。とはいえ、自分で浮気の証拠を見つけるのは簡単ではないでしょうから、結局のところ、その道のプロである探偵に浮気調査を任せるのが、もっとも効果的なのではないでしょうか。
沿うは言っても、これは疑わしいと気付くのは、やはり自分以外にその役目を果たすものはありません。勤務先で不倫カップルの存在が判明し立としても、不倫に強要などのパワハラやセクハラを伴わない限り、個人の問題が理由で解雇することはできないようです。
けれども、企業には就業規則というものがあり、その中の社内の秩序や風紀をみだす畏れというものに相当すれば懲戒もありえますが、まあ現実では訓戒程度で、厳しいお咎めはなしで終わることが多いでしょう。探偵は相談をうけ付けますが、話をするのがしごとではありませんので、調査をして貰うときは料金がつきものです。
もちろん、依頼はオーダーメイドですから、調査ごとに見積り額も変わってくるでしょう。尾行調査だって、場合によっては長時間、長期間かかるかも知れません。期間、時節、時間帯などによっても料金に差異が出てきますので、所要時間が多ければ、費用はかさむはずです。現実的な話、探偵に任される調査の大概は浮気調査です。ちょっと気にかかることがあるから、浮気の有無をとりあえず調べてほしいとか、証拠を押さえて離婚したいといった希望まで、幅広い調査に応じています。
とり理由、不倫相手に慰謝料をもとめる場合は、明確な証拠を得る必要があるので、その道のプロを利用するのがおすすめです。どの業界でも沿うですが、探偵でも詐欺のようなタチの悪い会社があるのが現実です。インターネットでクチコミをチェックするなどして、信用でき沿うな会社を選ぶことが大切です。
また、不倫の追跡調査等でも、決められた時間内に有力な証拠を得られるとは限らないんですね。
どのような調査でどれくらい時間と料金がかかるのか、納得いくまで説明を聞いてから契約するというふうに、一定の段取りはとるべきです。探偵業者の職員になるには、普免はあったほうが良いかなという程度で、特に資格は不要です。
しかし、不倫調査などのように具体的なしごとをこなすには、しっかりとしたスキルが必要です。
沿ういった教育に配慮がないところでは、1日講習を終えただけのバイトさんが調査するなんてこともない理由ではなく、成果どころか不利益を生じる場合もあるので気をつけましょう。
価格に見合った技能を持った探偵にしごとして貰うことが結果を出す近道です。いくら探偵であろうと、結果が出ない(出せない)ケースも存在します。よくあるのは、浮気調査で期間内に調査対象に沿ういった行動が見られないという案件です。
とはいっても、探偵の調査が浅かっ立ために成果が得られないことも考えられるので、自分が選んだ探偵業者の方針や利用者評価等をあらかじめ確かめてから契約する必要があるでしょう。
また、探偵や相談員とよく話し合うのが良い結果に繋がることもおぼえておいてちょーだい。実際に探偵(調査員)を雇う方法なのですが、調査探偵業を行っている事業者に依頼するのが普通です。
良いしごとと納得できる料金の業者を見つけるために、1社だけじゃなく複数の業者をみてみることが大切です。
調査に定価はなくても大体の見込み価格程度は知っておく必要があるでしょう。不当な高値請求の業者を避けるための自衛策でもあります。中堅どころの探偵社に探偵として勤務している者です。不倫の証拠集めにはカンやコツのようなものもありますが、習熟も不可欠ではないかと思います。
ドラマのような展開はないですが突発的事由も多いですから、速やかに対処する判断力も大切です。
なにより、対象人物に浮気調査がバレてしまうことが問題で、多少疑われるだけでも依頼者にご迷惑を及ぼしかねないと思うため、最大限の用心をしつつ調査につくのがプロの探偵です。おこちゃまのいる親が離婚する時は、浮気していた側はおこちゃまの親権を取得するときに不利だと思われているみたいです。でもそれは、絶対的なものではないためす。おこちゃまの親権というものは、裁判では日常生活を供に送れているかや育児への参加度合いといった点を見ていきます。要はおこちゃまを真ん中にして、どれだけきちんとした生育環境なのかが最優先で考えられている理由です。興信所や探偵への料金の精算方法についてですが、規模の大きな会社ならローンを利用した分割払いやクレジットカードに対応しているところもない理由ではありません。すぐ不倫の調査を依頼したいのに、代金の都合がつかないという場合は、分割での支払いに対応してくれる探偵社を最初から選ぶといいのではないでしょうか。
探偵と便利屋って探したり尾行するだけなら一緒じゃないの?と言われてしまいました。
答えはノー。
それは大きなミスです。この二つには大きなちがいがあるんですよ。個人でも会社でも便利屋をするには届けが要らないのに、探偵業をはじめる際は、所管の公安委員会あてに、探偵業法に則って誓約書や身分を明らかにする書類と供に開業届を出し、正式な認可をうけるまでは開業できません。
きちんとした法律に定められているくらい大切な個人情報を扱えるのが探偵社なのです。

ドラマには無報酬の探偵なども登場しますが、依頼する際には費用が発生し

ドラマには無報酬の探偵なども登場しますが、依頼する際には費用が発生します。スタッフがおこなう調査の内容により、見積り額も変わってくるでしょう。もっとも依頼の多い追跡調査ですら、長期戦になるかと思えば1日で済んだりと、わからない部分もあります。
ほかにも時間帯や日にちをどう設定するかで費用は変わりますが、調査が長期や長時間になれば費用も多く見込まなければいけません。もし配偶者が不倫している疑いがあり、興信所で調べてもらおうと考えているなら、ついつい手頃な価格のところを捜しがちです。
とはいえ、安すぎるところは安易に契約を結ぶべきではありません。
安いけれど調査品質もそれなりだっ立といった場合もあるので、これから依頼するのであれば、信頼に値する業者なのかは、あらかじめ確認しておくべきです。
おこちゃまも大聞くなったのでパートを始め立ところ、週一で店に来るエリアマネージャーさんに告白されて、不倫関係を持つようになりました。子育てが落ち着くまではと、のんびりと主婦してただけなので、軽率なところもあったんでしょう。挙動があやしいと、夫も早いうちに気づいたみたいで、相手の奥さまと内密に連絡をとられて、先方は別居、私は離婚で慰謝料も支払う事態になりました。
どんなものにも支払いはつきものですが、探偵に不倫調査を依頼する人にとってその料金は、気にするなといったほうが無理でしょう。
このごろは、調査業務に関する相談は無料といった事業者も増え、料金面での不安はなくなりました。強引な勧誘や詐欺まがいの業者に遭うのが心配なら、向こうの事務所の換りに、表通りにある喫茶店など人の多いところで打ち合わせさせて貰うのも手です。不本意な契約から身を守るための手段です。
どのへんまでを浮気といったのかは、その人の倫理観によって持ちがうでしょう。
異性の中では常に自分を最優先しなければ浮気あつかいする人もいれば、腕や体などを密着させる行為があるだけでも浮気し立と言って怒る人もいます。
不倫は民法でいう離婚事由であり、性交渉を持つと精神的にはどうであれ不貞となるのですが、結婚生活に波風をたてないためには、浮気しているとパートナーに思わせるような行為はするべきではないです。
探偵を雇って不倫調査をして貰う際は、最低限、相場といったものは調べておいたほうが良いです。
個人情報を基に違法な請求をふっかけてくる事業者も存在するからです。また、安価な価格設定で顧客を誘い、アトになって必要経費といって、追加や割増でかさ増しされた料金を請求してくることもあるため、コストテーブルについては事前に、納得がいくまで確認すると良いでしょう。探偵業者に調査を依頼する場合、その調査にどれくらいかかるかの平均的な費用に関する知識が不足していると、見積書を見てビックリなんていうこともあるでしょう。2時間で2万円台あたりを見積もっておくと妥当だと思います。
行動調査の時間を増やせば、支払い額に確実に影響してきますから、自分が払ってもよい上限値といったのを定めておくといいでしょう。当事者の負荷が大きい不倫は、いつかおわりを迎えるときが来ます。浮気が露見した結果、家庭や交遊関係が滅茶苦茶になっ立とか、住宅ローンの精算や慰謝料などの問題に発展する場合も当然あるでしょう。
表面上なにもなかったように過ごす夫婦もいれば、不倫から結婚に至る例もないわけではありません。
いずれにせよ、不倫では失うもののほうが多く、幸せな結末なんてもとめてもムダといったものでしょう。探偵がしているしごと(行動)として、ほとんどの人が尾行を想像することでしょう。
調査対象に内密に後を追って、不倫等の証拠を押さえることです。
察知されることが極めて少ないよう訓練されていますが、後を追う調査員は対象となる人物の動きを予測しておかなければなりません。想定外の行動をとったから失敗したでは済まされないのが、探偵の業務です。相手に知られては依頼者の不利になるため、必死です。
実際のところ探偵調査業といったものにもライバル社といったのはあり、相場より安く請け負うところや均一価格でOKといった会社も増加する傾向にあります。
とはいえ、オプションがついたりすることもあるため、契約する前に、価格や内容をよく確認し、最終的に割高だった!なんて結果を招かないよう注意しましょう。普段は浮気と不倫のちがいなんて気にすることがないでしょう。不倫とは、当事者の片方ないし両方に配偶者がいるのに、性的な関係を持っていることを言います。
ですから不倫の場合、相手にも配偶者にも慰謝料をもとめることができます。相手が油断している間がチャンスです。
探偵業者に依頼して、不貞行為の証拠を押さえ、多額の賠償を請求することによって不倫関係を一気に解消させるといった手もあります。パートナーがすごく用心深い場合、素人が浮気の証拠をつか向ことは現実的ではありません。
ただ、証拠さえあれば、離婚するしないにか替らず、有利な展開に持ち込向ことができます。ですから、不倫をしているなと思ったら、ちょっとがんばって探偵を頼んでみて下さい。
幾らか出費は覚悟しなければなりませんが、交際相手とホテルから出てくる写真(上手に撮るためには、それなりに技術が必要になります)のように、しっかりとした証拠を揃えることができます。実際に探偵(調査員)を雇う方法ですが、探偵業務、興信所業務を行っている会社に頼むのが現実的ですし、効率も良いでしょう。納得できる会社を見つけるには1社だけでなく複数の業者をみてみることが大切でしょう。
とくに、相場ぐらいは知識をつけておきましょう。
法外な請求をしてくるような悪徳業者に当たらないようにするには、こういった予防が不可欠だと思います。
ふつうの金銭感覚でいうと、調査会社に頼んで浮気調査をして貰うときの料金は、安いとは言えません。割安だからと安易に業者を頼んだものの、不倫の決定的証拠が得られなかったら、お金の無駄どころではありません。
大切なのは調査の能力の高さですが、調査料が高額であるほど相応の調査能力があるかといったと、素人目には判断がつきかねます。配偶者の不倫を疑って探偵に調べて貰うときは、対象のしごと先や交友関係、行動時間など気付いた限りの情報を提供するほうが、料金請求時に安く済むでしょう。
探偵に丸投げするのは簡単ですが、ゼロからの積み上げで調査する分、時間も費用もかかってしまいます。
共にいれば判ることも少なくないでしょうし、冷静に観察に励み、記録に残しておくと今後の大きな助けになるでしょう。ペットの迷子捜しがあるせいか、混同されることもあるのが探偵業者と便利屋です。
しかし、歴然とした法律上のちがいがあることにお気づきでしょうか。
便利屋といった職業は所轄する官庁がないのに対し、探偵業は個人であろうと法人であろうと、探偵業法の規定通りに、公安委員会に開業届を含む書類一式を提出し、探偵業の認可をうけてこそ開業できるのです。
こうした手つづきを踏んで、依頼者の個人情報と権益を守る義務があるのが探偵業者です。一般的に不倫で結婚した人は幸せを感じにくいといわれているのです。
実際そうでしょうね。
自分の欲求のためなら、平気で別の家庭を壊したりできるのですし、めでたく結婚し立ところで、出会いのきっかけなんて言えませんし、ばれたらおわりと不安な思いをして生活していくことになります。不倫相手と結婚したって、興奮や癒しをもとめて不倫が再発することだってあるでしょうし、安らかな気持ちには到底なれないでしょう。不倫を辞めた原因として圧倒的多数を占めるのは、パートナーにバレたからといったものです。ただ、一般人が自力で不倫の証拠を押さえるといったのはそう簡単なことではありません。そういったことを専門にする探偵会社に怪しい点を探って貰うことにすれば、安全かつ堅実でしょう。
そうは言っても、これは疑わしいと気付くのは、どうしても本人次第になります。
調査料金を探偵に支払うときは現金でないといけないといったことはないです。老舗探偵社や興信所大手などでは、クレジットカードでの支払いに対応しています。
明細書に掲載される表示に配慮している会社も少なくないので、興信所や探偵を利用したことがばれる怖れがないのが嬉しいと思います。カード会社の加盟店になるには条件を満たす必要がありますし、良い業者の目安といったことにもなります。
夫の浮気が心配で調査のために探偵を雇うといったシーンって、ドラマでもどんな方でも見かけたことがあるのではないでしょうか。ストーリーの中の探偵さんのしごとを見ていると、危険なことは無理でも、尾行くらい自分にもできるのではと思うかも知れません。
ただ、調査対象が用心している場合などでも秘密裏に追跡し、バッチリのタイミングで写真(上手に撮るためには、それなりに技術が必要になります)を撮るといったのは難易度の高いワザです。
相手に警戒心を与えないのが成果を得るコツですから、最初から探偵に任せたほうが、依頼者にすさまじく安全です。
探偵社で浮気調査をしてもらった際、アトからオプション料金が発生することがあります。
ただ、普通は契約書に、追加料金について書かれています。このことからも、契約書をよく確認することは、トラブル防止に役立ちます。
もし不明な点があるのなら、きちんと契約前に確認しておくのもおろそかにしてはなりません。いざ利用しようと思うと気になるのが興信所と探偵社のちがいです。
実際、あつかうしごとは変わりがありません。
離婚の請求事由として浮気をあげる場合は、確実に浮気した(している)証明といったのが是非とも欲しいところです。
もっとも、素人が考えるほど証拠取りは簡単なものではありませんし、ちゃんとしたノウハウを持った業者に頼むほうが離婚時の精神的な負担や時間を軽減してくれます。それに、慰謝料請求時にも役立ってくれることでしょう。単純作業に思われがちな浮気の尾行といったのは、調査対象が身近な人間なわけですから、調査していることに気づかれやすい上、自分か相手が激昂するといった不測の事態が起こる危険性もはらんでいます。
同じことでも探偵に依頼すれば、ターゲットにばれることなく不倫の証拠を集めるテクニックに習熟しているため、シロウトがおこなうよりずっとうまく証拠を集めることができるはずです。
会社にもよりますが、探偵業者の不倫調査では、成功報酬制を採用している事業所もあるようです。
こう聞くと、不倫の裏付けがとれなければタダで済んでなんだかとても「得」に見えますよね。
ただ、調査対象が浮気しているかどうか微妙な場合や、調査期間が長引くことが予想される際はお断りといったパターンもあるようです。また、調査員が浮気の裏付けをしっかりとってきた際、すさまじくの代金を請求されることも多いみたいですから注意が必要でしょう。
誘われたからとかあそびだっ立とか言い所以しても、現実に一線を越えてしまった浮気のつぐないは、高くついて当然でしょう。
とはいえ浮気された側がどういう態度に出るかで大きな差が出てくるとは思いますが、家庭が滅茶苦茶になったり、揉めれば裁判になったり、慰謝料を払うことにもなりえます。本人たちにとっては「たかが」浮気かも知れませんが、ばれたら金銭的賠償だけでなく、社会的制裁さえ被りながら、今後の生活を送ることになります。
浮気は男の甲斐性とかって男性にとっては迷惑な言葉です。実際、浮気するのは男だけと思ったら大ミスです。町内会やしごと先。
おこちゃまや自分の習い事。
人妻だって誰かと会うチャンスは思いの外多く、浮気がバレてみれば双方既婚者といったのも多いように、既婚女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)の浮気なんて珍しくもないのでしょう。
近年、浮気する女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)の数も増加傾向にあり、旦那様側が探偵に相談するケースも増えているようです。
探偵社には個人情報を伝えなければ、浮気調査をやって貰うことはできませんから、信頼性の高い会社でなければなりません。
コストダウンを追求して依頼したのは良いけれど、パートやバイトが調査をするような業者だったら、調査員といったにはあまりにも未熟すぎる能力と意識のせいで、想定外な事態や不愉快な結果になる危険性もあります。
失敗しないよう、利用者のクチコミ等をチェックして信頼するに足る会社に依頼するようにしましょう。
うちは3年前に結婚し、妻はおこちゃまができるまでパートに出ています。
私にとっては青天の霹靂ですが、一おととい、彼女の不倫がわかりました。こっちは怒り心頭なのに、バレ立とき、妻は謝るかと思ったのですが、まったくなし。謝罪の言葉もなにもありませんでした。
修復の見込みがあるのでしょうか。
妻から傷つけられるとは思いませんでした。
謝罪がなければ、自分のために、今後の対応も考えたいと思います。配偶者の浮気にピタリととどめを指すには、不倫の明らかな証拠を押さえ、不倫の慰謝料をもとめるのが、よく効くようです。
浮気している当人たちはゲームのつもりだったり、さほど罪悪感を感じていないことも多いです。慰謝料請求といった現実を見せることで、不倫の罪や現実を思い知らせることができるでしょう。持ち歩いていて何かと便利なスマホ。しかしそれが元で配偶者に浮気がバレてしまっ立といったケースが少なくありません。
スマホが主流となっている今、ラインなどのSNSやメールに不倫の履歴が隠れていると考えるのが妥当でしょう。いつも手基においていたり、ロックして見せてくれない時は、スマホの中は浮気のメモリアルだらけと思っていいでしょう。