月別アーカイブ: 2016年1月

なぜか不倫の気配を感じたら、ぜったい裏付けをとるべきです。浮気の証拠としてもっとも

なぜか不倫の気配を感じたら、ぜったい裏付けをとるべきです。浮気の証拠としてもっとも有効性が高いのは、写真でしょう。
誰が見たって浮気だとわかるものが良いのです。
シロウトが相手に警戒されないよう尾行して浮気現場をつきとめたり、離婚裁判で採用されるような証拠を手に入れるのは困難でしょうから、興信所を活用することも考える価値があるのではないでしょうか。調査を探偵に依頼したときは支払いがつきものです。
肝心の支払方法ですが、規模の大きな会社ならローンを利用した分割払いやクレジットカードに対応しているところもないわけではありません。
一刻でも早く不倫の裏付けをとってほしいのに、一括で払うのは難しいというときは、そうした会社に依頼するといいでしょう。大手なら近くに営業所があるかも知れません。
一般的に不倫で結婚した人は幸せを感じにくいと言われています。
100パーセントとは言いませんが、けっこう当たってますよね。もともと我が身のために、他人の幸せをうばうことに呵責を感じないわけですから、めでたく結婚したところで、出会いのきっかけなんて言えませんし、ばれるの怖さに嘘をついて生きていかなければいけないでしょう。第一、不倫した相手と入籍するに至っても、再び不倫にならないとも限らず、安らかな気持ちには到底なれないでしょう。
本気じゃないとか遊びだとか言い繕ったところで、パートナーにしてみれば、人生の幸福が台無しになりかねないのが不倫というものでしょう。許しがたい不貞行為を放置するというのは不可能でしょう。
浮気の証拠といったら、すぐ思いつくのは、スマホ(携帯電話)でしょう。
メール、フリーメール、LINEその他のSNSなどで連絡を取り合っている可能性は高いです。
武道や運転免許等の資格は、探偵には必須ではありませんが、不貞行為の調査などで成果をあげるには、一定レベル以上のスキルが要求されます。スタッフの育成に余念がない会社もありますが、ひどいところでは実務経験がほとんどないバイトが調査するなんていうのもあるという話ですし、気をつけなければなりません。せっかくお金を払うのですから、相応の技術力を備えたプロに調べて貰い、的確な資料を集めて貰うことが成果に繋がるのは言うまでもありません。完全に配偶者の浮気を辞め指せ、相手と手を切らせる方法としては、しっかりとした不倫の裏付けをとって、慰謝料としてある程度の金額を請求するというのが一番です。
浮気相手は遊びのつもりで悪いことをしている感覚はあまりないというパターンが多いです。
代償としての慰謝料を要求することにより、不倫の罪や現実を思い知らせることができるでしょう。
スマホの普及でSNSを利用する人が増えていますが、それが元で不倫が判明するといったケースが増えています。
パートナーが以前に比べ頻繁にSNSをチェックするそぶりがあれば、不倫相手と連絡を取り合っていると考えていいでしょう。
配偶者の態度とSNSは浮気の有無を見出すきっかけになるかも知れません。
探偵業者を選ぶ際は、アトでがっかりしないためにも、調査対象となる人が住んでいる地域の会社をあたってみるといいでしょう。細かな土地勘があればあるほど、調査を進めやすく、高精度な報告ができるでしょう。
また、依頼する案件によって苦手なこともありますし、逆もまたあります。あらかじめホームページとか電話で話をして確認してください。
「浮気癖」という言葉があるように、浮気は繰り返すといった常習性のようなものがあるようです。
浮気が発覚して、反省の態度は見せるのですが、浮気相手と示し合わせて猫をかぶっている可能性だってないわけではありません。思い当たるフシがあれば、探偵業者の力を借りて、不倫相手との交際がはっきりわかるような証拠を握って、お灸をすえてやりましょう。
最近は興信所も探偵も、取り扱い業務はほぼ同一です。不倫を離婚理由に掲げるつもりなら、第三者にも浮気が分かるような証拠がないと、ま共に取り合ってもらえないようです。ただ、自力で証拠を集めるのには無理がありますから、ちゃんとしたノウハウを持った業者に頼むほうがストレスや時間を最小限に抑えて離婚できるでしょう。それに、慰謝料請求時にも有効です。
探偵を使い慣れている人はいないでしょう。浮気調査をして貰おうと決めたところで、どんな会社に頼んだらいいのか悩むのは当然とも言えます。個人ないし法人が探偵業務を取り扱う際は、公安への届出が必要で、認可がおりた事業所には許認可番号つきの探偵業届出証明書が交付されます。
しっかりとした業者かどうかは、この番号を見れば確認できるでしょう。大切なことですので、業者の公式ホームページや宣伝広告等に番号があるかどうかはチェックするべきです。不倫調査の依頼を受けた探偵業者は、映画やドラマの探偵のような手法で調査をすることも、ないわけではありません。
追尾調査、張り込みは基本ですし、相手の行きつけの場所や時間を割り出し、妥当だったら交友関係者にきき取り調査なども行って精度をあげるようにします。ただ、社内機密といって依頼者にも開示しない調べ方があり、おもったよりハードな世界のようです。
誘われたからとか遊びだったとか言い理由しても、現実に一線を越えてしまった浮気のつぐないは、高くて当然です。
まず、不倫で取り残された配偶者がどのような対処をとるかで大きな差が出てくるとは思いますが、単純に離婚されるだけではなく、慰藉料を請求されることだってあります。
本人たちにとっては「たかが」浮気かも知れませんが、ばれたら金銭的にも社会的にも代償を支払い、償っていかなければいけません。
自分と調査相手の情報を伝えなければ、探偵に不倫調査をして貰うことは正直ムリですので、少しでも良い会社を捜したいと思うのは当然です。コストダウンを追求して依頼したのは良いけれど、パートやバイトが調査をするような業者だったら、調査能力はおろかプロ意識もイマイチで想定外な事態や不愉快な結果に発展することがあります。
アトになってガッカリすることがないように、契約する前にネットの評判などを調べてみて、誠実そうなところを選ぶことです。
探偵社の評価を確かめもせず契約してしまうと、しっかりとした調査結果が得られずお金だけむしりとられることにもなりかねないので注意が必要です。
事務所に相談に行った際、過度に不安を煽ったり、契約を急かすようなところは注意すべきです。
一度断ったのに、何度も電話をかけて契約を執拗に迫るのは、悪徳業者にはよくあることです。
誠実な探偵業者はそんなことはしないはずです。
婚姻中に不貞行為があっ立ために別れる際の条件で揉めに揉めてしまい、離婚調停にまで発展する場合もあります。調停の場では家事調停委員を間に入れて公正な立場で解決へむけて話し合うわけですから、当人たちだけよりもスムーズに済み、時間の引き伸ばしも最低限で済むため、精神的な疲労もそれだけ軽減されます。普段どおりのあなたのままで大丈夫です。想像がつくかも知れませんが、探偵業で依頼される調査のほぼ8割は、不倫の有無を調べる追跡調査です。それをベースに探偵の調査手法を具体的に説明しますね。
普通の調査では、依頼人から提供された対象情報を参考に対象の追跡を行います。依頼者なら相手の行動もある程度予測がつきますから、浮気しそうな日を絞って浮気の裏付けをとります。
一番明らかな証拠は写真ですね。浮気の確固たる証拠を提示できない場合、裁判などではおそらく不利になると思います。どうしてかというと、裁判所が不倫行為を否定することがあるからです。
また、明らかな証拠があれば有利に裁判が進むのは、言うまでもありません。
グレーゾーンで慰謝料請求を拒否されるのを回避するには、調査で証拠を確保しておいたほうがいいでしょう。
前からなぜか不倫の兆候があったんですよね。
確証が欲しくて、ネットで「探偵 不倫」で調べてみたのですが、けっこう業者さんって多いんですね。3社ほど問合せして、思慮深く相談にのってくれたスタッフさんのいる探偵さんに依頼しました。
しばらくして報告書を受け取ったのですが、時間や写真という裏付けがとれてしまうと、やはりショックでしたね。
普通、離婚となると、離婚の原因となったかどうかはともかく、浮気していた方の親はコドモの親権を取得するときに不利だと思われているみたいです。ただ、それは思いこみ的なものも大きいように思えます。
コドモの親権というものは、裁判では同居の有無やどれくらい育児に関心を持ち、かかわっていたかといった点がチェックされます。
最終的には子の育成にどれだけ適した環境を用意できるかを最も重要なことと考えているようです。
別に不倫の調査なんてする必要がありませんからはと思っている人は少なくないでしょう。
でも、ふとしたことがきっかけで不倫に発展することがあるので、しごと場はオバさんばっかりと本人が言っていたとしても、用心してかかったほウガイいのです。
出会いが少ないところほど、たまに来る女性が華やかに美しく見えるのです。
疑わしい様子なら、不倫調査をする探偵社に相談してみれば、無駄に心配することもなくなるわけですし、気持ちの上でも安らかになるはずです。
不倫って、相手の非道な行為に応じて代償が必要だと思うんです。
つまり、社会人としての信用や、公共の場での立ち位置をおびやかしてやるのが良いのではないでしょうか。
うわさ話程度ではなく、誰が見ても明らかな証拠が必須だとは思うのですが、しっかりとした裏付けさえとれれば、もう、思う存分、相手を追い込んでやることができるでしょうからね。私はやるかどうかわかりませんが、実際、不倫相手の職場の同僚や家族に知らせて溜飲を下げるという人もいないわけではありません。
家族関係の悪化や失職するなど、さんざんな末路になるかも知れませんが、自業自得でしょう。
もし配偶者の浮気を疑っているのだったら、探偵業者にすぐ調査を依頼せず、料金の発生しない無料相談を活用するのも手です。
裏切られているかも知れないショックで気が動転しているのに、いきなり知らない相手に浮気調査を依頼するのは、やはり無理があります。そのような不安を少しでも減らすために、まず相談だけしてみて、誠実そうなところを選べばよいのです。探偵業者に回ってくる依頼の多くは不倫(の疑い)の素行調査です。
挙動不審なところがあるので、浮気の有無をとりあえず調べてほしいとか、離婚や離婚裁判で使える証拠をかためてくれというものまで、幅広い調査に応じています。特に、不倫の相手方に慰謝料を請求するときは、確実な裏付けが必要ですから、しごと慣れした探偵に頼むのが最良の選択だと思います。
探偵がしているしごと(行動)として、大抵の人が尾行を連想するのではないでしょうか。
調査対象に内密に後を追って、依頼された証拠を得るまで調査するのです。察知されることが極めて少ないよう訓練されていますが、調査員は対象の動きを予測しておく必要があります。
予想しえないことに備えて動くのが、「ごく普通の探偵」の業務です。
ちょっとした息抜きのつもりの浮気が、いつのまにか自分や家族を追い詰めるものに変わっていく。
不倫の代償は大きいです。
仮に夫婦のどちらかが相手のことを嫌っていても、別の誰かを見つけて再出発をはかろうなどと考えるのは、安直にも程があるのではないでしょうか。夫婦間の問題はそれで解決するわけはないでしょうし、お子さんがいるご夫婦なら無責任もいいとこだと思います。
我をとおすあまり周囲が見えなくなっているのです。きっと後悔しますよ。
配偶者の浮気を興信所に調査して貰うときは、どんな目的でどのような調査をしてほしいか決め、事前によく話し合っておくことが非常に大切です。浮気を辞め指せるだけにとどめておくか、あるいは離婚裁判のための証拠が欲しいのかなどこのくらいは最低限、区別可能であるようにしておきたいですね。
何を目標にするかによって探偵の調査内容に違いが出てくるため、自分の要望をよく伝えておくことが大切です。大手以外にも多くの探偵業者がありますから、捜すのに迷ったら、人気や評価を参考にしてみてちょーだい。ネットで検索してみると探偵社の評価や得意分野等をしることができるでしょう。
都内在住なら自分の住んでいる区内から総合評価が良い事業者を選び、話をすれば、少なくとも悪いしごとはしないはずですし、不倫の証拠を押さえてくれることでしょう。浮気は男の甲斐性とかって男性にとっては迷惑な言葉です。
実際、浮気するのは男だけと思ったら大エラーです。町内会やしごと先。コドモや自分の習い事。
人妻だって出掛けるシーンは数多く存在し、不倫ドラマが大ウケする時代ですから、既婚云々は関係なしに浮気はしてしまうみたいです。
ドラマ等にも後押しされて女性の浮気が右肩上がりに増えていますし、探偵事務所に相談に訪れる男性も珍しくもなくなってきました。
もしこれから探偵社に依頼しようと思ったら、まずそこの評判を調べるのは欠かせません。
評価が芳しくない探偵では、不当に高い料金を請求してきたり、手抜き調査や報告書制作ミスなども見られます。利用者評価の高い探偵業者だったら、詐欺まがいの請求に悩まされるという不安もないわけですし、もちろん、浮気の追跡や行動調査なども手抜かりなく行ってくれると思います。

興信所を選ぶ際の指標となる探偵能力というのは、会社の大きさによ

興信所を選ぶ際の指標となる探偵能力というのは、会社の大きさによる違いも無視できません。
全国各地を営業エリアとしているところは、調査用の資材や方法などについて最新のノウハウをもち、他社より一歩も二歩もリードしているという良さがあります。
大手業者は仕事の品質を維持向上指せるため、相談員や調査員の教育にも積極的でそれは仕事の成果にフィードバックされてくるりゆうです。
不倫行為が露見した場合、慰謝料の支払いが発生することもあります。浮気の証拠を提示されてしまえば、言い逃れはできないです。慰謝料として要求される金額は、引越代(60万程度)からその10倍くらいまでと本当にケースによって異なるで異なります。支払いが無理沿うなら、額を減らして貰うよう交渉するのもありでしょう。
先週、夫の不倫が発覚したんですが、やりもやったりで、今回が初めてというりゆうではないようです。どうも私と交際し初めた頃もふくめて、何度も不倫していて、同時に二股三股もかけられたかと思うと生理的な嫌悪感をおぼえます。そこまでいちいち確かめていてもしょうがないのですが、浮気性って言うじゃないですか。
それにしても妻もいるのに、無責任にも程があると思いませんか。謝られてもこれから共にいる自信もまったくないですし、離婚という選択肢を選ぼうと思っています。探偵業者に調査を依頼する際には、標準的な料金を理解していないと、見積書を見てビックリなんていうこともあるでしょう。
時間あたり1万円程度を計算しておく必要がありますから、安いものではないんです。
行動調査の時間を増やせば、費用はかさむので、自分が払ってもよい上限値というのを定めておくといいでしょう。名前が知れている以外にも探偵業務を行っている会社は多いので、選ぶときには人気や評価を基準にしたほうがいいです。
ネットで検索してみると探偵社の評価や得意分野等がわかるでしょう。
土地に密着した業種でもあるため、居住地周辺で評判の良い会社を選び、依頼すれば、調査もしっかりやってくれるでしょうし、不倫の証拠収拾も期待できるはずです。夫(あるいは妻)が不倫していることに気づき、使ったこともない探偵社の中から調査を依頼する先を選ばなければいけない場合、ついつい手頃な価格のところを探しがちです。
ただ、誹謗するりゆうではないんですが、極端に安いときは、注意(してくれる人がいるうちが花だといえるでしょう)が必要でしょう。経費を省くため、調査内容がいまいちということがありますからね。
お金を払って依頼するなら、他社と比べてみて、その価格でその業者に任せて大丈夫かどうかぐらいは最低限チェックしておかなければなりません。自分と調査相手の情報を伝えなければ、探偵に不倫調査をやって貰うことはできませんから、少しでも良い会社を探したいと思うのは当然です。
コストダウンを追求して依頼したのは良いけれど、パートやバイトが調査をするような業者だったら、調査員というにはあまりにも未熟すぎる能力と意識のせいで、意図しないトラブルになる危険性もあります。
アトになってガッカリすることがないように、ネットで情報を調べて、信頼するに足る会社に依頼するようにしましょう。
興信所や探偵といった調査業務を行っている会社では、相談の段階までは代金を貰わない(タダ)というケースが増えてきました。右も左も分からないまま依頼してしまう前に時間をとってでも利用しておきたいですね。
相手の対応はその後の仕事に反映するでしょうから、会社を選定するのにはうってつけだと思っています。
先入観をもたずに話を聞いてくれるはずですし、相談していくうちに、混沌とした気もちや問題点を整理できるのは、大きな進捗ではないでしょうか。
パートナーの不倫を疑って探偵業者に調査を依頼する際は、そこそこまとまった費用が必要になります。平均的な調査料金ですが、具体的には不倫の行動調査の場合、3日で12万ないし14万くらいはかかるとみておけばミスありません。請求は調査内容や調査期間で変動するものの、なにを依頼するにしても50万から60万円くらいは見ておくと不足はないと思っています。
やられた方にとっては堪ったものではないですが、浮気はぶり返してしまう常習性のようなものがあるようです。浮気現場を押さえられて、たとえその場で平謝りだったとしても、浮気相手と示し合わせて猫をかぶっている可能性だってないりゆうではないんです。胡散臭いと思うようなところがあれば、探偵業者の力を借りて、不倫の証拠をおさえて、責任をとらせるべきではないでしょうか。たとえ出来心でも浮気をしてしまったら、向こうの奥様が内容証明で不倫の慰謝料請求をしてくること事体、ありえないことではないんです。
気になるのがその金額ですが、相手側の離婚の有無で相応の差が出てきます。
その時点で離婚していないのに高額すぎる慰謝料請求があった場合、冷静になって、弁護士に入って貰うほうが良いでしょう。
浮気していることがわかっていても、ガードが堅い場合、不倫の証拠を自分で見つけるのは無理というものです。
とは言っても、証拠を掴んでいれば離婚にしろ慰謝料請求にしろ、有利な展開にもち込むことが出来ます。
ですから、不倫をしているなと思ったら、裏付けをとるよう探偵社に依頼すると良いのです。
ある程度、費用は必要ですが、交際相手とホテルから出てくる写真のように、裁判にも通用するような証拠を入手できるでしょう。
いくら探偵であろうと、結果が出ない(出せない)ケースも存在します。よくあるのは、不倫の証拠集めで期間内に調査対象に沿ういった行動が見られないという案件です。
とは言っても、探偵の調査が浅かっ立ために結果が得られないといった例もあるでしょうし、依頼する探偵社の質や評判をあらかじめ確かめてから契約することで回避できるでしょう。
また、探偵や相談員とよく話し合うことも、良い成果を得るためには重要です。興信所、探偵社というものの中には詐欺かと思うようなでたらめな業者もあったりしますから、安易に依頼せずにクチコミなどをみて検討し、信用でき沿うな会社を選ぶ事が大切です。
ところで、不倫調査を依頼しても、しっかりした証拠を得るには時間がかかることもあります。どのような調査でどれくらい時間と料金がかかるのか、わかるまでよく説明してもらった上で契約するようにしましょう。
探偵業者にかかる費用には幅があって、時には極端に高い料金を請求してきたりするケースも見られます。
高いなりに素晴らしい仕事をしてくれるだろうかと問われれば、一概に釣り合っているとは言えません。
せっかく時間とお金を費やしておきながら、決定的な不倫の証拠をゲットすることが出来なかったなどということにならないために、契約前に調査費用の平均値ぐらいはおさらいしておくべきですね。
興信所に調査を依頼するには、とりあえず電話をかけてみましょう。
電話口での相談で相手の応対を見て、その上で詳細な話をするとなれば、最寄りの営業所まで行きます。
相談と打ち合わせ、調査内容や料金体系の説明が終わり、任せても良いと判断したところで契約になります。ここへ来てやっと調査が始まります。
調査会社が探偵業務で使用する道具というと、以前は発信機でしたが、現在はより高い精度のGPSを使うところが多く、古い無線発信機に頼っていた頃と比較すると追跡性能が向上しました。
近頃のGPSは精度も高くなっていて、大規模な立体駐車場やガレージ等に入り込まなければ、対象車両の所在はすぐ分かるようになっています。高性能の小型GPSを設置することにより、時間の無駄を最小限に、追跡調査が出来ます。たとえ調査内容が同一でも、浮気調査の代金は業者によってかなりの違いが出てきます。
ひとつの会社にすぐ決めてしまうのではなく、最低でも二社以上で調査費用の見積りを出して貰うほうが納得がいく契約が出来るでしょう。それと、調査して欲しい相手の行きつけの店や交遊関係などを、分かる範囲で構わないので調査員に伝えると、調査の無駄を省くことが出来、調査費用が安くつくことは言うまでもありません。大事な家庭に不倫という影を感じるようになったら、すぐに探偵業者に依頼しないで、まずは料金の発生しない無料相談を活用すると安心で良いでしょう。沿うでなくても不倫で心が揺らいでいるときに、信頼できるかどうかもわからない会社に浮気調査を依頼するのは、やはり無理があります。
そのような不安を少しでも減らすために、まず相談だけしてみて、誠実沿うなところを選べばよいのです。
近年SNSの利用者が急増しているせいか、それが元で不倫が判明する場合も増えているのです。パートナーが以前に比べ頻繁にSNSを更新しているときは、普段から不倫の交際相手とコンタクトをとっている可能性が高いです。
スマホやSNSへの警戒心は、不倫の有無を判断する好材料にもなりえます。
W不倫、しかも職場って多いんだと思っています。ただ、知られたところで、あくまでも個人的な事象ということで、セクハラのように仕事を辞め指せることは無理でしょう。
沿うはいっても、会社の就業規則に掲載されている、勤務場所内の風紀や秩序を乱す行為というところに抵触すれば解雇もないりゆうではないんです。
現実的には口頭注意(してくれる人がいるうちが花だといえるでしょう)ぐらいで、それ以上の処分にはならずに終わることが多いようです。
不倫で略奪婚に成功しても、あまり幸せになれないという話があります。かなり言い得ているのではないでしょうか。
ただ自分が沿うしたいからという理由で、ある家庭から平穏、幸福、配偶者を奪い取ったりしたら、めでたく結婚できたとしても自分たちの事情が知られた時点で最後だろうなと覚悟してやっていくのですから疲れるでしょう。
不倫経験者なんかと結婚しても、いつまた不倫に発展するかと思うと安らかな気もちには到底なれないでしょう。お互い結婚している者同士の場合、不倫を辞める契機になるのは、実親や配偶者に妊娠を望まれたというのが多く、嫌いで不倫しているのではないことが窺われます。自分とのことを考えてくれている人に対し、後ろめたさを感じるようになったり、不倫相手も家庭があるのだと思うと、ふいに嫌気が指してきたりするようです。それから、転居、転勤、家族の入院などで距離と時間の都合がつきにくくなったとき、後ろめたさも手伝って、ついに別れを切り出すきっかけになるのです。
たちの悪い興信所にあたってしまうと、お金を無駄にするだけで済まないこともあります。
相談に行っただけなのに事務所に足止めし、精神的に負担になることを言って契約をとろうという会社は用心してかかるべきです。
帰宅したアトに、再々電話を繰りかえし、相談者の根負けを狙うのは劣悪な業者とみてミスありません。
しっかりした探偵社なら、けしてそのような行為はありません。
離婚すると、離婚の原因となったかどうかはともかく、浮気していた方の親は親権が得にくいという話が蔓延しているようです。
倫理的に言うと沿うかも知れません。
ただ、裁判所はちがう考え方をします。
子供の親権というものは、裁判では子供と生活上きちんと接しているか(同居が前提)や、育児への関与といった点を見ていきます。つまりは、子が健やかに育つのに適した状況かどうかを最も重要なことと考えているようです。探偵を雇って浮気調査をして貰うとき、その代金は依頼者にとって、実に気になるところだと思っています。このごろは、調査業務に関する相談は無料という事業者も増え、見積りまでは料金はかからないと思って良いでしょう。見知らぬ会社に一人で行って、もし悪質な業者だったらと不安に思う人もいるかも知れません。それなら、相手の会社ではなく、喫茶店やファミレス等で懇談するのも良いと思っています。
契約の強要といった事態を避けることが出来ます。
スマホユーザーが増えた昨今ではそれがきっかけで浮気が明るみに出たという事例が多くみられます。
高機能のスマホが生活に欠かせなくなっている現在、ラインのトークやメールなどにパートナーの浮気の一部、ないし全てが秘匿されていると考えられます。
わざわざロックしてあったりしたら、スマホの中は浮気のメモリアルだらけでしょうし、本人のガードも堅いと思っています。
浮気を繰り返す人、辞められない人というのは、自然と「うつ」になっている人が少なくありません。考えられることは、メンタル面での負担が大きいことでしょう。
恋愛の片方が既婚者か、W不倫の場合、喜びもある一方で不倫の徒労感や不信感などを心の中に抱えることが多くなり、精神面や体の不調として出てきます。また、浮気されたパートナーのほうも情緒不安定や不眠などの症状が見られます。
配偶者の行動追跡調査で探偵社を利用すると、相手にバレたりしないか心配になりますよね。
調査員はプロですし、年齢も様々で交代要員もいますから、むこうが気付くようなことは、まずありません。
また、意外なところでは、調査を依頼したことで緊張のあまり態度がぎこちなくなってしまったせいで、相手が用心してしまうという場合もあります。報告書を入手するまでの辛抱だと思い、何事もないような様子で過ごすことが大事です。以前も夫は浮気していたのですが、再びそんな素振りがあったので、友人宅のPCを借りて探偵社を探してみたのですが、出るわ出るわ、自社ホームページを持っているところって意外と多いんですね。
何社か問合せをしていくうちに、こちらの気もちをよく理解してくれた探偵会社に頼むことにしました。
わかってて依頼したものの、証拠写真は私が見て充分判別がつくほどでしたし、あれには頭の奥がスーッと冷えました。