月別アーカイブ: 2015年12月

探偵業者に調査を依頼する場合、だいたいの相場について知っていないと、意外に高額で、

探偵業者に調査を依頼する場合、だいたいの相場について知っていないと、意外に高額で、「騙されてる?」と思った人もいるそうです。なにせ、2時間の調査で2万円超は見積もっておく必要がありますから、安いものではありません。
時間数が増えてもディスカウントは期待できず、依頼者の費用負担は増加するため、金額が心配なら上限を限っておくといいでしょう。
探偵業者に調査を頼んで証拠を得て、ようやく不倫にストップをかけるまでいったのに、なぜか再び浮気することもあります。
退社時刻から帰宅までの空白時間が長くなったとか、携帯電話を肌身離さずもつようになったりで、またあの不倫が始まったのかと相談に訪れる人も少なくないです。そもそも前の浮気時の対応が寛大すぎたことが考えられますから、仏の顔も三度までということを思い知らせるような措置が必要でしょう。
行動がおかしいとか、配偶者に不倫の疑いがあるときは、一人で悩むより、早めに証拠を入手すべきです。あきらかな不倫の証拠というと、写真や動画など、第三者が見て浮気だと判断がつくものです。
不倫現場を、何のノウハウもない一般人が適確におさえたり、離婚裁判で採用されるような証拠を得るのは相手に発覚するおそれもありますから、その道のプロである探偵を利用する事も考慮しておくと良指そうです。
ダブル不倫の場合、交際解消の一因となるのは、パートナーとの間に子供ができたり、あるいは欲しがられたからというのが少なくありません。
本来大事にすべき相手を騙していることに申しワケないという気持ちが生じたり、浮気相手との不毛な駆け引きにうんざりする気持ちが出てきたりします。
それに、職場が変わったり自宅が転居したときも今までと勝手が違うため、やましい気持ちもあってか、別れようという気持ちになりやすいといわれています。一線を超えた途端、お互いのためにならないとはしりつつも、依存して辞められなくなってしまう。
そんなに浮気は魅力的なのでしょうか。
結婚生活に飽きたり、相手がイヤになったからといっても、気に入った相手と人生リセットだなんて、お気楽すぎるとは思いませんか。夫婦の間で生じた不満なら、それで解決するわけはないでしょうし、子供の親という立場なら、無責任すぎるように感じます。後悔するのが分かっていても、浮気という手段をとるのでしょうか。不倫調査を頼む際は、根本的にどういった目的があるのかをしっかりと話し合っておく事は欠かせません。
配偶者の不倫さえなくなればよいのか、離婚裁判を念頭に置いた不倫の証拠収集が目的なのかをあきらかにしておかなければなりません。依頼している(期待している)内容によって、微妙に調査内容が異なってくることもあり、必ず伝えるようにしましょう。
名前の違いで悩む人がいるようですが、今の時代の興信所と探偵社の差はこれといってないと思って良いでしょう。どちらも探偵や調査を取り扱っているところは違いがありません。つまり浮気調査でしたら、どちらに頼んでも問題はありませんから、自分が信頼できるところに依頼すれば良いのです。ただ、ある程度、得意不得手なども調査スタッフや会社によっても変わってくるでしょうから、依頼する前に確認しておいた方が良いでしょう。
広告は見るものの、探偵を頼向ことはあまりないですよね。いきなり不倫調査を依頼したいと思ったところで、依頼先選びに苦慮するのは一般的なのではないでしょうか。
興信所や探偵業を開業する際は公安委員会に届出が必須で、申請が通ると所轄の公安委員会の名前で認可番号が交付されるので、届出をした正規事業者であるかは届出番号で判断することができるのです。
つまり、業者のウェブホームページに許認可番号の記載があるかどうかをチェックしましょう。
そうしょっちゅうあることではありませんが、浮気調査で探偵を利用した際、金銭面で揉めたパターンもあります。
先に見積もってもらった金額によく分からないオプション料金や経費が生じていて、キャンセルを申し入れることもできるのですが、その場合は違約金として一定額を支払わなければいけなくなったりします。
こうしたことを避けるために、依頼前によく確認しておいたほうが良いでしょう。
料金説明をしぶったり質問に答えてくれないようなら、別の事務所をあたることだってできるのです。あまり評判の良くない探偵業者にひっかかってしまうと、お金を無駄にするだけで済まないこともあります。
話をしに行っただけで契約を急いだり、相談者に心理的な重圧をかけてくるところは注意したほうがよいでしょう。
断ったり、返事を保留にして帰ったあとで、しつこい電話勧誘がくるのは、悪徳業者にはよくあることです。
普通の営業をしている探偵業者なら、まず行わないようなことでも平気でしてくるのです。
ネットで検索すると探偵社がたくさん出てきて困っていませんか。そこで目安になるのは「地域」です。
誰しも居住地と勤務地をまんなかに行動するため、地域を頭の隅に置いて、ウェブで捜してみると候補がおのずと絞れてきます。
さらにクチコミや規模などで選定し、直接電話で依頼したい旨を伝えてみましょう。
現場の人と話をしてみないことには、誠実そうな会社かどうかもわからないですからね。もしパートナーの浮気調査で探偵を利用するのなんだったら、相応の支出は覚悟しておきましょう。探偵の相場ですが、具体的には不倫の行動調査の場合、20万前後(期間5日)をみておくと良いでしょう。時間(日数)や調査の内容によって料金は増減がありますから、何を依頼するにも数十万程度と見積もっておけばとりあえず安心です。浮気の追跡調査と一口に言っても、いざ支払いとなると、探偵社次第で結構な違いがあるようです。
一社では費用の妥当性もはかりかねることですし、多少面倒でも複数の探偵社で見積りをとり、説明をうける方が、料金だけでなく会社の雰囲気も分かって良いと思います。それから、抵抗感はあるかも知れませんが、不倫調査の対象者について知っている情報を探偵に可能な限り伝えることで、効率良く調査できるので、調査費用として払うお金も少なくて済みます。
一時的な遊興や逃避ではじめた交際だったとしても、された側にとっては不倫は人生観さえ変えかねない大問題です。
信頼を裏切る浮気を放置するというのは不可能でしょう。
浮気の証拠といったら、すぐ思いつくのは、スマホや携帯電話ですよね。用心してフリーメールを使っていたり、ライントークで浮気相手とコンタクトをとっているのではないでしょうか。
近頃はスマホを情報源として浮気がバレたというパターンも増えてきました。
スマホが主流となっている今、ラインのトークやメールなどに浮気の証拠が残っているというのは当然でしょう。いつも手基においていたり、ロックして見せてくれない時は、十中八九、浮気の証拠がそこにあると思われます。
警戒心もあるため一筋縄ではいかないでしょう。
再会というのはなんとなく運命を感じるものですが、同窓会などでもなにげに不倫に進展する危険性が高いです。憧れの人と話がはずんでしまったり、級友同士ということで性別の垣根が取り払われるので気持ちが通じやすくなるのです。
クラス会や同窓会後に挙動が怪しいと感じるようなら、不倫の可能性も考えてみてもいいかも知れません。
パートナーに浮気され裏切られた人にカウンセリングを実施しているところもあるそうです。
専門家に話を聞いてもらいながら、回復へむかって少しずつ歩んでいきましょう。
信頼していた相手に裏切られたことでパートナーと別れてからも人間関係を上手く構築できなかったり、積極的に将来のことを考えられなくなるという例も多いです。離婚なんかしない、やりなおしたいだけという時も、利害の絡まない相談者がいたほうが、上手くいくことが多いです。
パートナーとその浮気相手を別れさせるためには、明確な浮気の証拠をつかみ、慰謝料としてある程度の金額を請求するというのが最も効果的です。
浮気している当人立ちはゲームのつもりだったり、悪いことをしている感覚はあまりないことも多いです。
慰謝料請求という現実を見せることで、自分立ちがしでかしたことの償いをさせることができるでしょう。一般に探偵の調査料というのは幅があるといわれていますが、中にはとんでもない金額を請求する例もあり、注意が必要です。
調査の質の高さと価格の高さはイコールかというと、実際はかなりあいまいです。高額な料金を請求しておきながら、決定的な不倫の証拠をげっと〜することができなかったという結果に終わらないよう、費用の相場を、契約を交わす前におさらいしておくべきですね。たとえ大手だからといって一番良いとは断言できないものの、規模の大きな興信所を選んだほうがリスクを避けることができるのでオススメです。
規模の小さな会社では、満足な調査をせずに完了したと偽り、見積りと全然違う料金を請求してきたり、別料金をふくむ料金体系が不明りょうな会社もあるそうです。持ちろん、電話での応対や事務所スタッフの説明の仕方なども良い検討材料になりますね。
良いシゴトをしてくれる探偵社を選ぶには、調査対象となる人が住んでいる地域の会社に限って捜してみると良いでしょう。
土地勘がある調査員がいるほうが詳細な調査ができるのですし、報告書の内容がより克明になります。また、依頼する案件によって得意なこととそうでないこととがある上に、先にウェブで情報収集しておき、電話で問い合わせてみるのをオススメします。想像がつくかも知れませんが、探偵業で依頼される調査のほぼ8割は、不倫の有無を調べる追跡調査です。どのように探偵が調査しているのかを、不倫調査を例に解説します。
一般的な浮気調査では、事前にクライアントから話を聴き、相手を追うことからはじまります。相手が警戒していることもありますから、不倫の可能性が高そうな日(時間)を狙って証拠を入手します。探偵が対象に接触するのは法律で禁じられているため写真撮影が主です。
パートナーの浮気に気づいたときは、ベストな対応をするべく、平常心を取り戻すのが先決です。不倫を許して共にやっていくことが無理なら、離婚だの慰謝料という問題も考えなければなりません。一人で考えても埒が明かないので、二人で会って、これから先どうしていくか話を詰めておきましょう。
調査料金を探偵に支払うときは現金でないといけないかというと、最近は結構多様化してきていて、老舗探偵社や興信所大手などでは、クレジットカードでの支払いに対応しています。クレカの利用明細の表記で探偵だと分からないようにしている業者も少なくないですから、調査をしたことがパートナーに気付かれる恐れもありません。
カード会社の加盟店になるには条件を満たす必要がある上に、良い業者の目安ということにもなります。
配偶者の浮気がわかったら、代償として慰謝料をもとめる権利があります。もっとも、自分立ちだけで話しあおうとすると、意地の張り合いになり、なかなか話がつかないことが多いです。
ことによると裁判に発展する可能性もあるため、弁護士を頼んで無理のない問題解決をはかる方が良いかも知れません。浮気を繰り返す人、辞められない人というのは、鬱状態に陥りやすいようです。その大きな要因は、恒常的なストレスがあげられます。恋愛の片方が既婚者か、W不倫の場合、喜びもある一方で不倫の徒労感や不信感などをかかえこみやすくなり、やがてそれがウツに繋がるのですね。それに、取り残された配偶者もウツになりやすいと言えるでしょう。
かれこれ十年以上、興信所の探偵として勤めていますが、浮気調査でしっかりとした成果を挙げられるかどうかは、カンやコツのようなものもありますが、習熟も不可欠です。ドラマのような展開はないですが突発的事由も多いですから、即応すべく、「経験に基づいた判断力」が必要です。対象となる人物に調査案件が知れてしまえば依頼人を推定しやすいということからも、用心に用心を重ねるのは言うまでもありません。
現実的な話、探偵に任される調査の大概は浮気調査です。なんとなく行動が怪しいから、浮気しているかどうかだけでもしりたいというものや、離婚裁判の証拠として採用されるような報告書が欲しいといったケースなど依頼者のニーズに合わせた調査をしてくれます。
とくに浮気対象に慰謝料の支払いを要求する際は、確実な裏付けが必要ですから、専門のノウハウがある探偵を頼むのが賢い選択でしょう。
ドラマには無報酬の探偵なども登場しますが、作業には支払いが必要です。それに、依頼する調査の内容次第で見積り額も変わってくるでしょう。
素行調査ひとつすさまじく、ある程度まとまった時間を要します。
期間、季節、時間帯などによっても料金に差は出てくるので、調査が長期や長時間になれば必然的に費用は多くなります。浮気の理由とかきっかけを聞いてみると、そのほとんどは、結婚から時間がたって新鮮味がなくなったというものです。恋愛していたときの高揚感をもう一度得たいという衝動が不倫という一線を超えさせてしまうわけです。
そういった事態を避けるには、忙しくても時間を設けて、双方が何を我慢して何をもとめているのか、問題点を話し合う姿勢も大事なのではないでしょうか。

アラサーの会社員です。同い年の妻がいますが、おこちゃまはまだいません。つい最

アラサーの会社員です。
同い年の妻がいますが、おこちゃまはまだいません。
つい最近、彼女の不倫がわかりました。
こっちは怒り心頭なのに、指摘された妻のほうは逆ギレで、反省した気配もありません。
このままやっていく自信がありません。
彼女が浮気したり罵倒してくるなんて、考えもしませんでした。
このままなかったことにするつもりなら、はっきりと手を打たせて貰いましょう。調査会社が探偵業務で使用する道具というと、従来は発信機がありましたが、近年は精度の高くなったGPSに取ってかわり、旧型の発信機と比べると明らかにターゲットを見失う危険性が減りました。
最新のGPSは正確性で検索速度も高いため、よほど電波の届きにくいところでなければ相手車両の発見は容易になりました。
外装が目たたないGPSもあるので、一度取り付けてしまえば時間の無駄を最小限に、追跡調査ができます。
探偵を雇っておこなう素行(不倫)調査は、出来高制を採用している場合もあります。
証拠がなければ調査料金の請求もなくて、得だと思う人もいるかも知れません。
しかし、調査相手が不倫しているかどうかがハッキリしない場合や、調査時間数が通常より多くなり沿うな気配だと、断るときもある沿うです。
また、調査員が浮気の裏付けをしっかりとってきた際、意外な高額請求になる場合があります。
「証拠がとれるまで」を「時間無制限」とすると、費用もかさむ訳です。
どの業界でも沿うですが、探偵でも怪しいサギまがいの業者があるのが現実です。インターネットでクチコミをチェックするなどして、信用でき沿うな会社を選ぶことが大切です。
たとえば、浮気の追跡といった調査ひとつとっても、しっかりした証拠を得るには時間がかかることもあります。
どのような調査でどれくらい時間と料金がかかるのか、納得いくまで説明を聞いてから依頼しましょう。離婚を前提としているようで不倫調査を頼むのは気が引けるという人もいるはずです。
でも、沿う難しく感じることもないのではないでしょうか。不倫をやめさせる、慰謝料を請求する、離婚する。いずれにしても、その証拠を握っておいたほうが有利なのは確かです。興味がなかったり直視する気がなければ、それはそれでいいのかも知れませんが、自分なりにケリをつけたいと感じたら、探偵に相談することを視野に入れても良いのではないでしょうか。
いざ利用しようと思うと気になるのが興信所と探偵社の違いです。
実際、あつかう仕事はほぼ同一です。
離婚裁判などで配偶者の浮気を請求事由にするつもりなら、確実に浮気した(している)証明というのがなければ立証できず、不満足な結果に終わってしまいます。
もっとも、素人が考えるほど証拠取りは簡単なものではありませんし、その道の専門家に頼んだほうがストレスや時間を最小限に抑えて離婚できるでしょう。
離婚だけでなく慰謝料を要求するときだって効果を発揮します。
4歳の娘と7歳の息子がいるアラサー主婦です。
夫は7つ年上で社宅住まいです。夫の浮気が発覚したのは3か月も前になりますが、家族会議の結果、いよいよ離婚という運びになりました。育児は私の親のサポートも得られますが、経済的には私が大黒柱となって養っていかなければなりません。メンタル的には割り切るなんてこと出来ませんが、離婚問題に詳しい弁護士に相談して間に入って貰い、彼とその交際相手に対する慰謝料や、養育費の話を進め、公正証書というのを作って貰いました。最近は探偵も興信所もその差はこれといってないと思っていいでしょう。両方とも探偵業務と報告をおこなうことは違いがありません。不倫調査という点でいえば、同じものと思っていただいて支障はないですし、裁判の証拠として差が出る訳でもありません。ただ、ある程度の得意分野だのは業者によって異なるため、そのあたりはおさえてから契約したいものです。テレビでは見るものの、実際に探偵を利用したことのある人は少ないはず。いきなり不倫調査を依頼したいと思ったところで、どこが良いやらピンとこないのが一般的なのではないでしょうか。個人ないし法人が探偵業務を取りあつかう際は、公安への届出が必要で、申請が通ると所轄の公安委員会の名前で認可番号が交付されるので、きちんとした業者かどうかは、番号を見れば判断がつきます。つまり、業者のウェブサイトに許認可番号を明記しているかどうかは確認しておかなければいけません。興信所を利用するにはお金がなければダメかというと、最近はまあまあ多様化してきていて、いくつかの大手探偵社の場合、代金の支払方法にクレジットカード払いも用意しています。明細書の掲さいに配慮したところも多く、履歴から興信所や探偵を利用したことが分かることはありません。
支払いにクレジットカードを使えるところは、信販会社の審査に通っている訳ですし、業者を選定する上での判断材料にもなるでしょう。職場内で不倫が発覚しても、不倫に強要などのパワハラやセクハラを伴わない限り、個人の問題が理由で仕事を辞めさせることは難しいといわざるを得ません。
けれども、企業には就業規則というものがあり、その中の「秩序および風紀を撹乱するおそれ」といった部分をもってすれば懲戒も可能ですが、現実的には口頭注意ぐらいで、具体的な処分はないまま曖昧に済まされることが多いです。
探偵業者に任せるべきかどうか、ずっと悩んでいるのなら、とりあえず相談してみるのはいかがでしょう。
所在地や取扱案件などの企業情報は、インターネットのほかにも電車の車内広告やチラシなどでも見ることができます。
話の整理がつかなくても質問に答えていけば、どの程度の調査でいくら位のコスト(いかに抑えるかが重要でしょう)になるか見積りが出てきます。
相談と見積りまでなら無料という会社も少なくないですし、費用だけでなく内容もそれで良いかよく検討してみることも大切です。
探偵業を営むには特殊な免許資格は不要です。
ただ、業務の適正化と個人の保護のために施行された「探偵業法」に則り、その業務を初める「前日」以前に、所管の警察署を通じて届出書を公安委員会に提出したアト、探偵業届出証明書を交付してもらって、認可をうけることだけは省略できません。
野放しという訳ではないのです。
配偶者の浮気がわかったときは、冷静さを失わずにいることはできないでしょう。
ただ、気もちが鎮まったら、その許しがたい行いへの対策をたてましょう。浮気なんていうものは、した人間の方に責任があるのです。精神的にはまだまだ本当の解消には至らないかも知れませんが、あなたが苦しんだ分の慰謝料を請求するのは、配偶者として当然の権利です。パートナーが浮気をしている気配があって新規で探偵社へ調査を依頼しようと思うと、一律いくらとか安価なところは魅力的です。
とはいえ、安すぎるところは用心したほうがいいです。
価格なりの低レベルな調査に終わる例もある訳ですし、契約する前に、他社と比べてみて、その価格でその業者に任せて大丈夫かどうかも調べておくといいでしょう。
明らかな浮気の裏付けがとれない限り、離婚や慰謝料請求の訴えを行ってもおそらく不利になると思います。
つまり、配偶者の浮気の事実認定を裁判所が拒否する場合もあるのです。
また、明らかな証拠があれば有利に裁判が進むのは、言うまでもありません。
誤解で訴訟を起こしたり、クロなのに裁判で認めてもらえなかったりするのを回避するには、裏付け調査を探偵に依頼することをお勧めします。
よく不倫のきっかけとして言われるのは、単調な結婚生活が嫌だったということに集約できるようです。
また恋愛対象になってみたいという気もちが浮気へと走らせるようです。
怒ったところで逆効果ということもありますから、二人で歩み寄って、おたがい我慢したり苦しいと感じていることは何かを話し合う姿勢が大切だと思います。
探偵に調査を依頼するときには、標準的な料金というものを調べておかないと、悪徳業者と普通の業者の区別もつきません。
おおむね1時間1万円からと予想している必要がありますから、安いものではありません。
時間数が増えてもディスカウントは期待できず、依頼者の費用負担は増加するため、金額が心配なら上限を限っておくといいでしょう。夫の浮気が心配で調査のために探偵を雇うというシーンって、ドラマでもそんなに珍しいものではありません。物語に登場する探偵の仕事は視聴者にも「想定の範疇」なので、自分でもできるような気がしてしまいますが、相手だけでなく周囲の誰にもわからないよう追跡したり写真を撮影することは、初心者(何事にも初めてということはありますが、とにかく素直に教えを請うのが一番でしょう)には到底無理です。調査したい相手に露見するのは不利以外の何物でもありませんし、プロに任せるのが一番安心です。
不倫関係に終止符をうたせるには、浮気の証拠をしっかり掴んで、双方に慰謝料の支払いを求めるというのが一番です。
一般的に不倫というと、つまみ食いを楽しむ感で、後先のことまで考えが及んでいないというのが現実だったりします。賠償を求めることで、自分立ちがしでかしたことの償いをさせるのです。
探偵に浮気調査を依頼する場合、結局のところ何を主眼に調査して貰うかをあきらかにしておくことが重要です。
パートナーの不倫に歯止めをかければ済むのか、もしくは裁判で離婚するための証拠を押さえたいのかは、はっきりさせておかなければなりません。
依頼している(期待している)内容によって、調査方法や裏付けのとりかたなどが変わってくるので、あらかじめ明瞭にしておきましょう。
浮気の追跡調査と一口に言っても、いざ支払いとなると、探偵社次第でまあまあな違いがあるようです。
ひとつの会社にすぐ決めてしまうのではなく、最低でも二社以上で調査費用の見積りを出して貰う方が、料金だけでなく会社の雰囲気も分かって良いと思います。
それから、調査対象者となる人の交友関係や行き先などについて、探偵に可能な限り伝えることで、探偵が調査に着手するときの前準備が省けるので、調査費用として払うお金も少なくて済みます。
どういう訳か男性は浮気するものと捉えられがちです。
でも、女性も浮気しますよね。同窓会以外にも職場やおこちゃまの学校関連など、女性だけが出会いのチャンスはたくさんありますし、既婚の方がそれ以上発展しないから安心という超越した意見もある位で、人妻だからといって浮気しない訳ではないのです。近年、浮気する女性の数が伸びてきているせいか、男性が興信所に浮気調査を依頼するケースがアトを絶ちません。
興信所に頼んでも結果が出ない場合がありますが、たとえば配偶者の浮気の証拠がほしいという依頼で、相手が(少なくとも調査期間中は)無実だったケースです。
ただ、調査員の調査能力が不足していることにより、証拠をあげられないというケースもない訳ではなく、興信所や探偵会社のクチコミをあらかじめチェックしておく必要があるでしょう。また、探偵や相談員とよく話し合うのが良い結果につながることも覚えておいてみて下さい。
スマホユーザーを軸にSNSの利用が伸びているためか、便利に使いすぎて浮気がばれてしまったことが増えているのも、当然かも知れませんね。
配偶者がスマホを片時も離さずSNSをチェックするそぶりがあれば、普段から不倫の交際相手とコンタクトをとっている可能性が高いです。
スマホやSNSへの警戒心は、ある意味、浮気の指標になるかも知れません。興信所に調査を依頼する際に確認しなければいけないのは、諸経費や料金のことです。
費用は時給換算のように単純なものではなく、調査次第で増減します。行動調査(不倫など)の場合でしたら、1時間前後の調査を依頼したときの中央値は、3万円以下、2万円以上です。
まともな業者であれば同じような価格帯だと思いますが、直接、業者に価格を問い合わせてみることが一番でしょう。
2社以上に聴くとさまざまわかって良いですよ。浮気が判明したら、慰謝料の支払いを求めることができます。
もっとも、自分立ちだけで話しあおうとすると、意地の張り合いになり、結論にたどり着く前に多大な労力を必要とします。
裁判で決着をつけなければならない可能性もあるので、手に負えない気がしたら弁護士に相談して、無難なところでまとめあげて貰う方が良いかも知れません。
もし不倫をしているなら、相手の妻から、慰謝料を求める内容証明郵便が届く可能性はあります。普通、慰謝料で請求される金額は、あっこが離婚しないか、したかによって相応の差が出てきます。離婚「し沿うになった」からといって一般的ではない多額の慰謝料を要求された際は、いったん話を収めて貰い、まずは弁護士事務所に相談するほうがいいでしょう。
探偵を雇うには、調査探偵業を行っている事業者に依頼するのがもっとも確実です。納得できる会社を見つけるには複数を比較することが大切です。
とくに、相場ぐらいは知っておきたいものです。
不当な高値請求の業者から身を守る予防線のようなものです。
気の迷いで初めた交際から抜け出せなくなって精神的に不安定になり、家庭環境も壊れる。
アトになれば虚しさだけが残るのが浮気というものです。
結婚生活に飽きたり、相手がイヤになったからといっても、別の誰かを見つけて再出発を図ろうなどと考えるのは、あからさまに現実逃避が過ぎるように思えてなりません。
本来は夫婦の問題であるのだから、浮気以外に解決策がなかったなんてことありませんよね。ましてや子共には責任はないでしょう。我をとおすあまり周囲が見えなくなっているのです。
きっと後悔しますよ。